NEWS

お知らせ

日本デジタル空間経済連盟に加盟

日本デジタル空間経済連盟に加盟

「日本デジタル経済空間連盟」加盟についてのお知らせ

株式会社ゼレンホールディングス(東京都港区、代表取締役社長グループCEO:和田千弘、以下「当社」)は、一般社団法人日本デジタル空間経済連盟(東京都港区、代表理事:北尾吉孝、以下「日本デジタル空間経済連盟」)に参画いたしました

 日本デジタル空間経済連盟は、業界横断の総合経済団体として、デジタル空間における経済活動を活性化し、日本経済の健全な発展と豊かな国民生活の実現に寄与することを目的に設立されました。デジタル空間の経済発展に向けた、課題やニーズなど事業者の意見集約、政策提言、政府や国内外の行政団体との対話、総合的な情報発信等を行います。

 当社は、「卓越したテクノロジーの力によって、未来社会に革命的成長をもたらす」ことをパーパスとし、テクノロジーに世界を変える力があることを信じるクリエイティブな才能が集まり、コンサルティングとテクノロジーによる卓越した価値を提供することでクライアント企業の価値を再定義し、サステイナブルな成長の実現を支援することをミッションとしています。

 このような中、デジタル空間経済の発展を通じた日本経済の発展に寄与するという日本デジタル空間経済連盟の趣旨に賛同し、参画するに至りました。

 参画にあたり、日本デジタル空間経済連盟の理事であるイオン株式会社執行役 事業推進・ブランディング担当の尾島司氏より、次のようにコメントをいただいております。

 「この度、ゼレンホールディングス様の日本デジタル空間経済連盟への入会に際し、同連盟理事として心より歓迎いたします。同社の和田CEOは10年以上前から旧知であり、「テクノロジーを経営にどのように活かせるか」「顧客の課題をテクノロジーでどう解決すべきか、本質を議論し実装する」という同氏の掲げる理念に共感するところです。和田CEOは、コンサルティングファームにおけるプロフェッショナル、事業会社のCTO、マーケティング支援会社の経営者としての、複数分野での卓越した経歴を有する稀有な人物です。和田CEOとゼレンホールディングス様が、デジタル空間において新たなビジネスと価値の創造に貢献されることを祈念し、入会をお祝いいたします」

 当社代表取締役社長グループCEOである和田千弘は次のようにコメントしております。

 「この度、日本デジタル空間経済連盟の尾島理事を通じて、入会させていただく機会を得ましたことに深く感謝申し上げます。テクノロジーの変化は人々の思考、価値観、生活に、不可逆的な変化をもたらし続けており、デジタル空間は現代の人間にとっていわゆる異世界というより現実として生きる場所そのものとなりつつあります。デジタル空間は今後、実験的な段階から一気にシフトして、産業構造の進化・知識集積・エンタテイメントの必須要素となっていくことが期待されており、そこでは人間の身体性や感覚の価値があらためて問われると考えております。その一方で多くの経営者にとっては、いつ・何に・どのように取り組んだら良いかという問いに対してまだ自社のビジョンを構築できないという状況ではないでしょうか。ゼレングループとして、日本デジタル空間経済連盟の皆さまと情報交換をしながら、この問いに対する各社や産業ごとの正しい答えを共に探索し、明らかにする過程をガイドさせていただくことを通して、デジタル空間における価値創造と未来社会の成長に貢献してまいりたいと存じます」

左: 日本デジタル空間経済連盟理事 イオン株式会社執行役 事業推進・ブランディング担当 尾島司氏 右: ゼレンホールディングス代表取締役社長グループCEO 和田千弘

日本デジタル空間経済連盟の概要
名称  一般社団法人日本デジタル空間経済連盟
所在地 東京都港区六本木一丁目6番1号
設立年月日 2022年4月15日
目的  業界横断の総合経済団体として、デジタル空間における経済活動を活性化し、日本経済の 健全な発展と豊かな国民生活の実現に寄与すること

活動内容
・デジタル空間経済発展に向けた、課題やニーズなど事業者の意見集約
・政策提言、報告書の提出
・ 政府、国内外の行政団体との対話
・ デジタル空間に関わる総合的な情報発信